半年ぶりに・・・

半年ぶりブログ更新です。
気がつけば、季節は“梅雨”
前に書いたのは、クリスマスだったっけなぁ~。

この半年の間、私にとって“激動の半年”でした。

昨年の夏、小学校採用試験を受験し
なんだか訳のわかないうちに一次が合格。

もちろん勉強はしました。
平日は幼稚園の仕事があったので、
毎週土日に図書館に行って勉強したり、
採用試験用の雑誌出版会社主催の
講習会に参加したり(これが結構いい金額!!)

あの日々からもう一年が経つんだな。。。

7月の第一日曜日に、試験を受け、
結果は8月上旬。すっかり忘れて、私はハワイ旅行へ。
日本に帰ってきて、結果が届いてびっくり!!
想定外の結果だったので、それからが大変だった・・・。
2次試験の対策をしなくちゃならなくて、、、

そして、2次試験当日は真夏の気温37度
長袖のブラウスにリクルートスーツを着て
挑みました。

季節は変わり、もうすぐ冬になろうとした頃に
結果がやってきて、無事に合格。

今考えると、平日は幼稚園の仕事をフルにこなし、
週末は大学へ丸一日通い、なんだか忙しい日々だったけど、
とっても充実していたなぁ~。。。

それから、年長組を持っていたので、
子どもたちをなんとか修了させて、私も幼稚園を修了しました。

4月から、とある小学校へ配属。
中学年の担任になりました。

幼少連携をしたくて、小学校へ行ったのですが
低学年になりたいという希望は叶わず、、、

それからは、毎日指導教官に振り回される日々が始まりました。
お金を稼ぐのって、どんなことでも大変だってことは
幼稚園でも経験していたのでよく分かっていました。
でも、小学校へ行って一番思うことは、幼稚園の仕事を下に見下ろしている
って感じました。
正直、ショックでした。
そうでない先生もいますが、併設校でないいまいる学校は、
幼稚園の大変さなんかまったくわかっていません。

とにかく2ヶ月、平日は指導教官の仕事に振り回されていて
クラスのことがほとんどできなかったので毎週のように土日出勤して
クラスの子どもたちの○付けをしたり、コメントを書いたり。
4月から体調が悪く、精神的にも追いやられていましたが、
指導教官がとにかく厳しく怖い人だったので、
なんとかやってきました。
指導教官だけでなく、退職した訳の分からない嘱託の人に
仕事がないからと言って、私のクラスにきてめちゃめちゃにしたり、
社長も冷たい人で相談できないし。。。それでもなんとか自分で
できる限りがんばりました。
クラスの子どもたちがかわいかったから。

しかし、6月に入り、体も心も限界を超えてしまい、
ごたごたがありましたが、いま仕事を病休しています。
適応障害と診断されました。
退職も考えましたが、大人の人間関係でやめるのはもったいない
と周囲の先生にも言われ、やっぱりクラスの子どもたちがかわいいので
なんとか復帰を目指しています。

通院と薬で治療しています。
薬の副作用がひどくて、、、ふらつきがひどいのがきついですが。

明日は、気晴らしに旅行へ行っておいでと父が言ってくれたので、
下田へ行ってきます。

こんなことで病休する私は社会人として甘いのだろうか、と、自問自答の日々です。
いままでだった、こんなことよりもっと大変なことがあったけど、そのたびに乗り越えて
来たのに。。。人間関係だってそんなにだめな方じゃなかったけど。。。
職場に戻る不安はあるけど、いまはとにかく子どもたちのところへ戻りたいです。
[PR]

by nuts-nuts-nuts | 2008-06-21 01:05